田中あゆみ税理士事務所の3つの強み


代表税理士が全て担当
tax advisor
税理士である田中あゆみが全てのお客様について責任を持って対応を致します。無資格の職員やアルバイトが担当することはありません。


売上アップのためのコンサルティング
sales consulting
経営者の悩みの多くは売上をどう上げるかにあります。経営者のお悩みをお聞きし、今、目の前の課題に全力でご支援しています。


会計freeeに精通
freee advisor
会計freeeの認定アドバイザーを取得しています。会計freeeを導入したい方、運用でお困りの経営者を支援しています。

最新のブログはこちら

お客様とともに寄り添いともにあゆむ京都市上京区の税理士です。

田中あゆみ税理士事務所 15の特徴

税務顧問をご依頼いただくことでお金まわりのトータルサポートが可能です。
適切な会計処理や適正な(お客様にとって有利な)税務判断、これらに付随する業務(労務や法務等)は、
お客様の規模、業種、諸事情などにより様々です。またお客様の事業ステージによっても変わってきます。
単発の相談も可能ですが、税務顧問をご依頼いただくことにより、トータルのサポートができ

お客様の参謀としての役割を果たすことができます。



代表である田中あゆみが全てのお客様のご対応をさせて頂いております。
担当者制ではありませんので、税理士である田中あゆみが
全てのお客様に責任をもって対応致します。



▼ZOOMやSkypeを使ったオンライン対応が可能です。

オンライン対応により全国対応が可能です。
弊事務所からお近くのお客様は対面での面談もしています。



▼弥生会計、会計freeeに対応しています。

弥生会計、会計freee をメインの会計ソフトとして使用しています。
どちらもクラウド上でお客様と弊事務所で共有することが可能です。
クラウド化することによりいつでもどこでも会計ソフトに触れることができ、

経理のリアルタイム化が実現します。これにより生み出された時間を経営相談に充てることができます。



▼会計freeeの導入運用支援を行っています。
会計freeeは従来の会計ソフトとは全く異なった考え方をしているソフトであるため慣れるまで壁を感じる方も多くいらっしゃいます。
また導入したものの上手く運用できず
余計に時間がかかるといったご相談を頂きます。
そういった方のために経理の効率化・リアルタイム化を実現するため、
会計freeeの導入運用支援を行っています。
他社製品からのデータの載せ替えや新規導入、運用までサポートしていますので
安心して ご相談ください。   

 



▼わかりやすい説明を心がけています。
専門用語を多用しても一般の方には伝わりませんので、専門用語はなるべく使わず、
嚙み砕いてわかるように何度でもご説明いたします。


 
  
▼自分で経理をしたい方向けのサポートをしています。

お客様にとって、事業の数字を理解せずに経営することは、
変化の著しい現代において、羅針盤を持たずに航海に出ることと同じで非常に心もとないです。
数字に強くなるところまでいかなくても、数字を理解できるようになれれば十分。
そのために自分で経理をしたい方向けのサポートをしています。
お客様が数字の主導権を握ることで、経営をどんぶり勘定ではなく客観的に行うことができるようになります。
そして身につけた数字への理解力は一生涯の資産となります。
そのためにはお客様がご自身で経理をされるのが一番の近道です。


   

   
▼記帳代行(領収書などをお預かりし、弊事務所で会計ソフトに入力する方法=記帳代行)も受け付けています。
数字を理解してもらいたいという思いとともに、
どうしても時間がない、また、一から自分でするのはどうしても苦手でできない
というお客様もいらっしゃいます。
最終的にはご自分で記帳ができるようになっていただきたいですが、
ご相談の上、記帳代行も受け付けております。




▼業務の効率化を支援しています。
直接的な価値を生み出さない事務の仕事を効率化し時間を生み出します。
効率化により生まれた時間をお客様、弊事務所の双方にとって
より豊かに生きるために使いたいものです。
そのためのクラウド会計、そのためのデータ共有を積極的に進めています。  




▼メール、チャット〈Slack、Chatwork〉、LINEビジネスでの連絡を基本としています。
電話、FAXもご希望に応じて対応可能ですが、できるだけお仕事のお邪魔とならないよう
メールやチャットでの対応を基本としています。

平日営業時間内に回答、遅くとも1営業日以内にご回答致します。




▼資金繰り表作成支援。経営計画策定をしたい方向けのサポートをしています。
会計や税務だけにとどまらず、資金繰りに悩むお客様も非常に多いです。
弊事務所では経営にとって欠くことのできない財務についても支援しており、
その一環として経営計画策定にも力を入れています。


   

▼税務申告書のみ作成・提出も受け付けています。
(会計処理がある場合は税額に影響が出るため必ず会計を確認致します。)
税理士に顧問になってもらうほど規模が大きくない、
会計は自分でするから申告書の作成・提出をしてもらいたい、
個人の方で譲渡所得の申告をしてもらいたい、相続対策のため生前贈与をしたので

贈与税の申告をしてもらいたいなど単発で税務申告書のみ作成・提出してもらいたいお客様のご要望にお応えしています。




▼単発での税務相談を受け付けています。
申告書のここだけわからないので知りたい、この取引の税金がどうなるのかだけ知りたいというような
単発で相談したいお客様に向けて、単発での税務相談を受け付けております。





▼税理士に怒られそうで怖い、相談しづらい、ということはありません。
相談しやすい、話しやすい雰囲気づくりを心がけています。

また女性税理士ならではのきめ細かな対応をしています。



▼お客様とのご縁を大切にし、丁寧なコミュニケーションを心掛けています。

税金のことやお金まわりのことで漠然とした不安を抱えておられる方の
ご不安の解消のために全力を尽くします。



 

最新の記事一覧


  • コロナ関連補助金助成金の会計処理
    今年もコロナ関連の補助金や助成金をもらわれている事業者の方が多いと思います。 京都市でも時短要請協力金や中小企業再起支援補助金を受給された方が多く会計処理をどうするのか聞かれることが増えています。 そこでコロナ関連の補助 […]
  • 立替経費と会計処理 売上高?立替金?消費税?
    取引先と商談するために使った交通費取引先の登記のために使った印紙代など 一時的に立替払いをし、後日取引先に実費請求することがあると思います。 そういった立替経費が出てきた場合、どうやって会計処理をするのでしょうか。 誰が […]
  • B/S(貸借対照表)の推移を確認すると問題が見えてくる
    会社を永続的に続けていくには体力が必要です。会社の体力は貸借対照表から見ていきます。 特にそれぞれの項目の推移=増減を見ていくと何かしら問題が見えてきます。 現金預金の推移 貸借対照表を見ていくときは、3期分用意して比較 […]
  • 資金繰り表は意外と簡単。お小遣い帳だと思えばできる
    資金繰り表を作っている会社は意外に少ないです。税務署や金融機関から作るよう言われないからかもしれません。 作っている会社が少ないので、作っているだけで金融機関からの評価が良くなります。資金繰り表は経営者自身のために作りま […]
  • 利益とお金がズレる4つの原因
    会計上は利益(もうけ)が出ているのに、お金がなくて倒産するいわゆる黒字倒産。そういったことが起こるのはなぜでしょうか? 今日は利益とお金がズレる4つの原因について解説します。 掛取引がある まずは掛取引があることがズレの […]