立替経費と会計処理 売上高?立替金?消費税?

取引先と商談するために使った交通費
取引先の登記のために使った印紙代など

一時的に立替払いをし、後日取引先に実費請求することがあると思います。

そういった立替経費が出てきた場合、どうやって会計処理をするのでしょうか。

誰が使うものか?を基準に考える

立替経費が出てきたときは、
その経費は誰が使うものなのかを基準に会計処理を考えます。

自分が使う経費を取引先に請求する場合

交通費は、取引先に会うために使ったものですが、
誰が使うかとなると事業者=自分が使うものですから、
実費の交通費を「経費」とし、取引先に請求した交通費については、「売上高」
に含めて処理をします。

売上高と経費と両方同じ金額が上がりますので、
結果プラスマイナスゼロとなり、立替交通費に対する利益は0となります。

だったら初めから立替金として、売上にも経費にもしないで精算したくなりますが、
消費税法のルールでは総額表示と決まっています。

そうでないと、
総額で会計処理するケースと
純額で会計処理するケースで売上高が変わってきてしまいます。

売上高は消費税の判定上重要な影響を及ぼすので
総額か純額かで金額が変わってしまうと、不公平極まりないです。

だから総額で処理するということがルール化されています。

<サービスメニュー>
税務顧問のお問い合わせ
スポット税務申告書作成提出
スポット税務相談
自分で経理サービス
個別コンサルティングのお問い合わせ

取引先が使う経費を取引先に請求する場合

このケースは登記用の印紙代など取引先が使うものを
いったん、事業者=自分が立替て、後日取引先に実費請求する場合です。

これがいわゆる立替金

自分が使うモノやサービスではないので、立替金処理をします。

売上にも経費にもなりませんので、
こちらの方がしっくりくるかもしれません。

消費税の取り扱い

消費税の取り扱いについてですが、

①自分が使う経費については、上記のとおり
「売上高」と「経費」で両方総額により会計処理しますので
どちらも課税となります。

結局、納税する金額もプラスマイナスゼロとなるようにできています。

交通費は何気なく払っていますが、内税で課税されているということです。

②取引先が使う経費については、
立替金で処理しますので、課税されません。

用語でいうと、課税対象外と言ったり、不課税と言ったりします。

要するに立替ているだけなので、消費税はかからないよ
ということです。

<サービスメニュー>
税務顧問のお問い合わせ
スポット税務申告書作成提出
スポット税務相談
自分で経理サービス
個別コンサルティングのお問い合わせ

 


▼娘日記(9歳、6歳)

上の娘は朝から漢字50問テストの勉強をしていました。
これで再テスト4回目。

ちょっと本人もさすがに焦ってきているようで、
母としては少しだけほっとしています。