開業費はExcelで集計。合計額を1本で仕訳するのがおススメ。

確定申告時期にお問い合わせの多い科目のひとつに開業費があります。
取引ごとに仕訳を会計ソフトに入力するのも手ですが、
開業費はExcel集計をおススメします。

開業費とは繰延資産

開業費とは、開業までの準備期間中に支払った費用の合計をいいます。

例えば、開店までの備品の購入、交通費、打合せのための飲食代、
セミナーへの参加費用、会費などの支払いを
開業費として仕訳をします。

例外は固定資産、店舗を借りた場合の敷金、礼金、仕入高です。

こういったものは開業準備期間中の支払いであっても
開業費とはなりません。その支払内容の性格上開業費ではないため
それぞれ本来の勘定科目で仕訳をします。

開業費は「費」とつきますが、費用ではなく、
貸借対照表の資産の項目の中の繰延資産。

繰延資産とは、
費用として支払った後も、継続的に売上に貢献する費用を
いったん、資産として上げて、売上に貢献する期間に応じて、
ちょっとずつ費用にしていくものです。

売上と費用を対にして適正な利益が計算できるようにするための
会計の考え方がベースにあります。

開業費以外にも創立費、開発費、株式発行費、社債発行費が
会計上の繰延資産の扱いです。

いずれ費用となるものを
とりあえず今回の会計期間では、費用じゃないから資産に上げているだけ、です。
なので、資産としての価値はありません。

会計と税務で扱いが違う

そんなくせのある繰延資産、その中の開業費ですが、
どうやって費用にあげていくのかというと
会計では5年以内で費用化するというルールが決まっています。

そのため会計のルールに従う場合は、通常60カ月かけて毎月費用をあげます。

60カ月たったら開業費が全て償却(費用化)されて繰延資産に
上っていた残高は0円となります。

一方、税務上の扱いは、任意償却。
いつでも損金とすることができます。

税金の世界では、費用のことを損金と言い、
費用≒損金で似ているようで違いますが、
開業費の損金化の話では
=(イコール)で考えて頂いて大丈夫です。

実務では税務上の考え方で損金とすることが多いですが
(利益が多額に生じたときに費用にできれば、その期の利益が減るため、
税金も減らすことができるから)、
会計でのルールに従う方がより利益の計算は適正なものとなります。

Excelで集計。領収書や請求書も保存

1つ1つの支払いは小さい金額でいくつも取引が行われる
ことが多い開業費ですが、仕訳は1本でしてしまった方がよさそうです。

個人事業主の場合。こんな感じ。取引合計金額で仕訳します。
開業費 480,000/ 事業主借 480,000

その代わり、1つ1つの取引は、Excelなどの表計算ソフトを使って
集計をしておきます。

支払日、支払先、支払内容、金額を集計しておき、保存。
領収書や請求書も開業費分だけ通常の経費とは分けて
保存しておきましょう。

償却(費用化)の仕訳は毎月あげる、もしくは決算時にまとめてあげます。
48万円の開業費。60カ月のうち8か月分を決算で償却する場合であれば、
開業費償却 64,000円/開業費 64,000円

なぜ開業費合計で1本の仕訳をするのがおススメかというと、
会計ソフトによっては、固定資産台帳に
1つ1つ繰延資産を台帳に登録するような
仕様になっていることがあるからです。

私がそういった仕様に気づいたのは、やよいの青色申告オンライン。
1つ1つの開業費の取引を仕訳で上げていると
1つ1つを固定資産台帳に登録することになります。

開業費は固定資産ではないのですが、
繰延資産も固定資産と同じく、償却をしていくので、
固定資産台帳に上げる仕様になっていることが多いです。

これは面倒くさすぎます。恐ろしいことになるので、
私は2件、台帳登録したところで、残り50件ほどあったのでやめて、
まとめて登録することにしました。

もしかすると、1本で固定資産台帳に
上げる方法があるのかもしれませんが、
今のところ見あたらなかったです。

どの会計ソフトもそうなっている、というわけではないでしょうが、
Excelでの集計→まとめて1本で仕訳とすれば
こういった問題に直面しても慌てずにすみます。

 

 


▼娘日記
ラジコン再燃。昨日は公園でラジコンを走らせ、
一緒に娘も走り、疲れたみたいで早く寝てくれました。


個別コンサルティングのお問い合わせ